2018年10月3日の幸せ

最近、ますます写真を撮りたいと思うようになりました。

割と明確なイメージが生まれたからかもしれません。

なぜ写真を撮るのか

今までは、写真を撮ることが好きなのはわかっていたけど、
何を撮りたいのか、
どうして撮りたいのか、
私はなぜ撮るのか?

そんなことを考えながら撮っていました。

新宿御苑にカメラを持って出かけていました。

気持ちよく腫れ上がった空には、
まるで鳳凰のような尾の長い雲がいて。

緑の芝の上に転がると、
湿り気と太陽のぬくもりがジワッと伝わってきて。
思わず寝転がっていました。

空と自分の一体感に私はとても幸せを感じるので、
地べたに転がりながらも、
その幸せを切り取ろうと思ったら靴下脱いでました。

迷うならば、写真を撮ってみる

真を写すと書いて「写真」と読む。

写す真は、撮影する人の生き様。

シャッターを切るときに幸せだと感じているか?
写真を見返したときに、幸せだと感じるか?

今、自分が幸せだと思えること以外に、人生の中で大切なことってないと思う。
だから、今この瞬間から、幸せだと思える選択をして生きていく。

ブログ記事

カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031